地球温暖化について - Home
温室効果ガス 地球への影響
温暖化協議 対策

温室効果ガス

地球温暖化について
メタン(CH4

メタンは油田やガス田で採掘される天然ガスの主成分。都市ガスの90%以上がメタンを主成分としており、身近に存在する物資である。また、牛など家畜の糞尿、下水、沼などからも発生する。

単位量当たりの温室効果は二酸化炭素(CO2)の約20倍と強力であり、温室効果ガスの中でも二酸化炭素に次ぐ大きな割合を占める。

メタンの周囲を水分子で囲んだメタンハイドレードが燃焼時の二酸化炭素排出量が石炭や石油と比較して半分であることから、地球温暖化対策に有効なエネルギーとして注目されている。しかしメタンハイドレードはシベリアなどの永久凍土の地下や海底などの低温かつ高圧なところに存在し、採掘が困難であることからコストがかかり過ぎるなど課題は多い。